バトル漫画賞漫画賞アイコン

準大賞+審査員特別賞 賞金…計70万円

『ブルーベリー』大野将磨 49P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント ゆでたまご

おもしろかった。伏線がちゃんとあって、主人公が悪役かと思いきや、最終的に助けに行くという展開もいいです。「ブルーベリーを食べると血の味が消える」という細かい設定も好ポイント。起承転結もしっかりしていて、女の子もカワイイ(嶋田)。

作品スタートまでのエピソードを掘りおこし、主人公の能力、性格など丁寧に描けば冒頭2ページの内容で30ページの読み切りが出来そうです。この作品自体については、その続編という感じを受けました。ストーリー展開にメリハリがあるのはいいと思います。(中井)

編集部コメント

キャラクターが展開を引っ張り、テンポよく読めました。ダークファンタジーの中で、最後にダークさに負けない希望的な未来を描ききる力があり、またキャラクターの生命力が感じられる表情も魅力的です。それらの読者を惹きつける力が感じられたため、大変高い評価になりました。
作画面は気持ちの良い演出やキメ絵でのキャラはよく描けています。一方で背景や画面構成の総合力は次のステップに臨む際の課題になってくるでしょう。ただ苦手を克服するという意識ではなく、長所を更に輝かせるために取り組んで言って欲しいと思います。

準大賞 賞金…50万円

『セロトニン』大野将磨 47P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント ゆでたまご

ストーリーはおもしろかった、絵も個性的でいいです、女の子がよく描けてます。個人的には、グロいシーンが多かったですね。全体としてはまとまっていると思います(嶋田)。

主人公2人のキャラクターのギャップ、考え方や生活習慣の違いなどで面白いエピソードをもっと盛り込み、敵キャラクターは単純にシンプルにして、アクションもラストワンポイントにすればいい読み切り作品になると思います。(中井)

編集部コメント

受賞作はどちらも素晴らしかったです。こちらはより荒削りながらドラマ面、感情描写に特に際立ったものが見られました。
主要2キャラクターのバックボーンに似通った部分がありつつ、その上で解釈や実感の違いで意見を異にしているところから始まるため、テーマが明確だったように思います。
展開に二転三転ある一方で、若干敵の価値観の描き方に工夫が足りなく、漫画的にはテンプレをなぞってしまっているように思います。ただ単に主人公サイドの話として倒すためだけの存在ではなく、この残酷な世界の一端を担わせることができればもう一段階高い評価ができるのではないでしょうか。

入賞 賞金…30万円

『バーニングファットマン』阿黒巧煕 42P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント ゆでたまご

何度も読んだんですが、話が入ってこなかったですかね…。絵にリズムをつけて、ラストにもう少し強い展開もあったりするとよくなっていくかもしれません(嶋田)。

作品一枚一枚について、どういう場面であるか、もっと丁寧に読者がわかるように描いた方がいいと思います。絵はもっと描きこんでいけば作品の評価は上がると思います。(中井)

編集部コメント

ギャグが潤滑油になり、軽い雰囲気で読ませつつドラマを展開できています。設定的にも読んでみたいと思わせる要素があります。
設定上はコミカルな側面を持つ主人公の人物像ですが、キャラクターデザイン、あるいは作者の手癖からか、コミカルな存在になり切れていない・企画性を描き切れていない印象を受けました。主人公に限らず他のキャラクターにもその課題は見受けられます。単純な画力や絵柄は高評価ですが、作画コミュニケーションの中で“読者にどう伝わるか”は疎かにしてはいけない部分です。是非今後意識して取り組んでみてください。

入賞 賞金…30万円

『桔梗の花をあなたへ』阿黒巧煕 50P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント ゆでたまご

絵はそこそこ上手だと思います。構成がイマイチですかね。せっかく50枚も描いてくれているのに、それを生かしきれてない気がしました(嶋田)。

アクションシーンをもっとわかりやすく描き、主人公の非凡な能力のエピソードなどもっと掘り下げて考え直せば、作品の評価は上がると思います。しっかり連載用に練り直せばヒットも期待できるタイトルに育つと思います。(中井)

編集部コメント

バトルアクションや肉体描写は本格的で、今回のバトル部門でも特に力のこもった一作でした。作者の強みを活かそうという姿勢が見受けられます。
それが故にドラマ偏重でセンチメンタルなシーンが長く、読み疲れる感があります。現代舞台の作品ではあるものの、戦国時代の武将のような精神性・価値観で展開されるのでページが進むごとに共感するのが難しいです。日常ネタというほどでなくとも、現代に生きる一人の人間らしさをもう少し描ければよりドラマが胸にくるものになったと思います。

佳作 賞金…10万円

『ANDROIDS』熊耳諦 30P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント ゆでたまご

ストーリーが入りにくかったので、もう少し工夫をしてほしい。前段の説明をコンパクトにして、起承転結をはっきりさせればよくなっていくと思います(嶋田)。

作品の見せ方をもっと工夫すれば良くなります。キャラクターの立ち位置、どのように動いて、何をしたのかを加えて、暴走するアンドロイドの怖さをもっと出すなどを考え、ネームを組み直せばスケールの大きな作品に育つ可能性はあります。(中井)

編集部コメント

万人受けしそうな絵柄で、軽快な読み味が印象的でした。ただ絵面としては現代をベースに更に高度になった近未来の世界、そこでの価値観、新たな問題などの要素があまりスッと入ってこなかったです。キャラクター回しは大事ではあるものの、近未来設定が読者の頭にも定着してからエンタメへと展開していきましょう。
また人間とAIの衝突というテーマは漫画、映画、他にも様々な形で描かれています。そのジャンルの中の一つと見ると、アイデアに際立ったところが感じられませんでした。バトル描写が絵栄えする題材ではありますが、その点のこだわりも期待したいです。

佳作 賞金…10万円

『edible-s』N嶋 31P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント ゆでたまご

鷲の住人という主人公のイメージはとてもいいと思いました。これだけキャラクターがしっかりできているのに、ストーリーが平たんに感じました。主人公に期待ができていたのに、特に何も起こらなかったのは残念(嶋田)。

絵はキレイでいいと思います。登場人物たちになぜ不思議な力があり、なぜこのような姿になったかという話の基礎部分、設定をしっかり作り込んだら良くなると思います。(中井)

編集部コメント

キャラクターの感情表現、やりとりがに人間味が感じられます。序盤はビジュアル的に突飛に見える展開ではありますが、上手に中和して進められていると思いました。
鷲の獣人同士の意見の違いからのバトルの流れが、多少とってつけた流れにも見えます。本作ではバトル縛りが足かせになってしまった
ラストに名前を出す演出はこだわりかもしれませんが、あえて名前を出さないためにやりとりが窮屈になっている印象があります。読者の印象にも残りにくくなるので、余程効果的出なければおすすめできないところです。

ゆでたまご

人物関係などの前フリ説明が長い作品が多かったです。バトル漫画なのだし、読者が引き込まれるような場所から物語を始めてみるなど、説明の部分を詰めていけるとよりよくなると思います。絵は皆さん上手だと思いますので、ストーリー作りにもう一工夫がほしかった。(嶋田)

見せ方の工夫の部分、いつ、どこで、誰が、何を、という基本的なことをもっと意識してほしかった。読み手にわかるようにネームづくりを心がけてほしいです。(中井)

編集部

漫画の華である「バトル」を、様々な切り口や演出で見せて頂き、受賞された方のみならず挑戦してくださった全ての方にまず感謝の気持ちを伝えたいです。
結果的に6作品、4名の作家が受賞となりましたが最終候補の中では最も“希望”を描き出すのに長けた大野さんの作品が抜きん出ていました。戦うという状況は、敗北・喪失と隣り合わせのものです。だからこそ最終的に希望を鮮明に見せてくれる、読んでよかったと感じさせる作品の力が評価の差になったと思います。
ヤングジャンプで連載している「かぐや様〜」も恋愛頭脳戦、つまりバトルです。どんなジャンルでもバトル・VSの構造は読者を熱中させる鍵になるので、様々な形でバトルしている漫画を今後も是非編集部に提案して欲しいです。

インタビューはこちら!
賞金総額

応募資格:プロ・アマ問わず/ページ数:50ページ以内/一作品につき一つの賞に応募可能です。

受賞作はとなりのヤングジャンプ ・ヤンジャン!アプリに掲載予定です。さらに優秀作品に関してはヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ誌面に掲載される場合があります。また、大賞・準大賞・審査員特別賞の受賞者は2021年1月開催予定の授賞式にもご招待いたします。(※交通費の支給は大賞受賞者ご本人様のみとなります)

最終候補作投稿者にはヤングジャンプ定期購読デジタルが1年間無料となる特典もございます。


※各漫画賞ごとに審査のうえ、受賞作を決定します。
※受賞本数内訳は各審査結果により異なり、各漫画賞の賞金250万円の内訳は各漫画賞で異なります。
※全40漫画賞の賞金総額が最大で1億円となります。
※賞によっては条件の異なるものもございます。詳細は賞ごとの概要をご確認ください。
※商業媒体未発表(投稿サイトやSNSなどを除く)のオリジナル作に限ります。同じ作品を同時期に他の新人賞(web媒体含む)へ応募するのはご遠慮ください。
※受賞作品の出版権、上映・上演権、映像化権などの諸権利は集英社に帰属します。
※応募された個人情報は厳重に管理し、本企画遂行以外の目的に使用することはありません。本企画遂行後、速やかに破棄致します。

応募資格・規約

■応募はプロ・アマ問いません。
■特別な規程のある賞を除きページ数は50ページ以内
■商業媒体未発表(投稿サイトやSNSなどを除く)のオリジナル作に限ります。同じ作品を同時期に他の新人賞(web媒体含む)へ応募するのはご遠慮ください。
■一作品につき一つの賞に応募可能です。
■受賞作品の出版権、上映・上演権、映像化権などの諸権利は集英社に帰属します。
■アナログ原稿は返却いたします。(返却先不明の場合は処分させていただく場合があります)

※応募された個人情報は厳重に管理し、本企画遂行以外の目的に使用することはありません。本企画遂行後、速やかに破棄致します。

審査員
ヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ編集部&各賞審査員

締切
2020年7月31日(金)
※郵送の場合当日消印有効。

発表
本サイト・となりのヤングジャンプ ・ヤンジャン!アプリを予定。さらに優秀作品に関してはヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ誌面に掲載される場合があります。

賞金
本サイト内の各賞詳細ページを参照してください。

TOP | 各漫画賞