野球漫画賞 漫画賞 アイコン

入賞&審査員特別賞 賞金…計50万円

『片足のライバル』松田匠海 40P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント 二宮裕次

1P目でやや心配になる画面と絵柄だったのですが、しっかりとドラマがあり途中からは物語に引き込まれてしまいました。二人の思いの強さが伝わってきて僕は好きでした。
ただタイトルが気になりました。主人公が片足になる側なので「片足のライバル」というタイトルだとちょっとちぐはぐになるかなと。
技術と経験を重ねてまた描いてほしいです。

審査員コメント 柳田悠岐

絵に迫力があって見応えがありましたし、重たいテーマですが前向きな気持ちで読み進めることができました。小さいコマの絵も丁寧に描き込んで欲しかったですが、全体的な完成度は高いと思います。今回の中で一番漫画らしさを感じた作品です。個人的には別の作品も読みたい。チャンスありと思います!

編集部コメント

コマ割りや構図、人物の表情などが巧みで伝えたい情報が過不足なく伝わりとても好感が持てました。能動的で芯の通った主人公、そしてそんな彼を支えてくれるライバルや大人たちとキャクターそれぞれが良い役割を果たしていたと思います。

佳作 賞金…10万円

『あたしと甲子園行くわよ!』乃樹愛 18P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント 二宮裕次

かわいらしい絵がこの作家さんにとっての魅力だと思いますが、この作品のテイストには余り合っていないように感じました。タイトルに全てが詰まっていて、漫画を読んでもそれ以上の情報が入ってきませんでした。
絵も構成も情報も、全ての項目でパワーアップした作品がまた見たいです。

審査員コメント 柳田悠岐

少ないページでよくストーリーが凝縮されていると思います。それでいて話の展開も無理やりには感じませんでした。絵はもうちょっと練習して欲しい気がしますが、こういう柔らかい絵の野球マンガは新鮮です。コマも大きくて読み進めやすいですね。このタッチでのプレー中の絵をもっと見てみたいなと思いました。

編集部コメント

主人公とヒロインの女の子の掛け合いのテンポがよく、ツルツルと読めました。読みやすく、分かりやすく作ることが出来ていました。ただ、甲子園を目指すという目標を提示したところで物語が終わってしまい、イップスの男の子が、女の子が野球をするというこの物語の一番のうまみのある部分まで描き切れなかったことが残念に思いました。

佳作 賞金…10万円

『ゴーストバッター』平井大橋 50P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント 二宮裕次

熱です。熱量が凄いです。
ですが熱量が凄すぎてセリフが多すぎます笑
僕は審査員なので頑張って読みましたが読者の方々は非常に厳しいです、この文字数ではたとえ超絶面白くても読んでもらえないと思います。不親切とも言えます。
読者の方が読みたくなる画面、構成、セリフ量を心掛けましょう。

審査員コメント 柳田悠岐

野球のことをよく知ってるなーという感想です。もともと詳しいのか、作品を描くために勉強したのか気になりますね。寿君のように野球を知らない人でも楽しめるんじゃないでしょうか。文字で説明する部分が多くてちょっと疲れてしまうのが難点ですが、この先の物語を読んでみたいなと思いました。

編集部コメント

幽霊になっても野球をやり続けていたいという強い意志に好感を持ちました。野球好きにしか伝わらないような情報も主人公が初心者であるために読者にとっても飲み込みやすく作られていたことが良かったと思います。ただ、文字での情報が多く読みづらさが目立ちました。伝えるべき情報とそうではないものとを取捨選択し、キャラクター達の思いにフォーカスを当てて欲しいと思いました。

佳作 賞金…10万円

『ゴーストライト』平井大橋 50P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント 二宮裕次

驚きました。なんと「ゴーストバッター」の0話的物語です。つまり平井大橋さんが2作でしているんですね。恐ろしい熱量です。意気込みはダントツと言っていいでしょう。しかしやはりセリフが多すぎます笑
まずはセリフを4分の1に減らしてみましょう。情熱は素晴らしいです。その情熱を親切に読者の方へ届ける工夫をした方がいいと思います。

審査員コメント 柳田悠岐

「ゴーストバッター」の後に描いたんでしょうか?こちらの方が絵が上手で、登場人物の表情が豊かだなと思いました。この作品も文字が多くて読みづらいシーンがいくつかありました。絵で説明する工夫をしてみては。それができる画力はあると思います。前作同様、物語としては斬新ですごく面白いと思います。

編集部コメント

主人公とライバルの関係性に絞って描けていたことが好印象でした。しかし、甲子園、ドラフト、プロ野球等1話でまとめるにはシークエンスが多すぎてダイジェスト的な印象がありました。文字での情報量が多くなってしまったのもそのためかと思います。キャラクターの想いに絞って端的に情報がまとめられると良いかと思いました。

佳作 賞金…10万円

『はじめての最終回』さかうえ皇輔 28P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント 二宮裕次

不思議な魅力のある作品でした。誰が主人公なのか、誰目線で読んでいいのか分からないまま最後まで読み進められました。これはこの作家さんの味なのだと思いますが…やはり僕は誰が主人公なのか明確な漫画が読みたいです。さかうえさん、よかったら僕の意向を踏まえたものをまた描いてください。厚かましくてすみません。

審査員コメント 柳田悠岐

最終回にスポットを当ててしっかり物語を見せるというのは斬新なアイデアですね!少ないページで野球の魅力がしっかり伝えられていると思います。絵の方は、野球のプレーの動きを写真や映像で見たりしてもっと勉強して欲しいかなと思いましたが、逆に言うと独特な絵のタッチと言えるかもしれません。

編集部コメント

主人公が実況者という設定が目新しかったです。ただ、主人公の想いにフォーカスが当て切れていないせいか、誰が主人公なのか、いったい何をする話なのかがぼやけてしまっていました。球場で起こっていることではなく主人公の想いに焦点を当てることが出来ると良いかと思いました。

二宮裕次

1億円漫画賞に相応しい情熱を持った作品ばかりだったと思います。ただ、情熱に技術が追い付いてないと感じる部分が多かったので数段レベルアップした皆さんの作品をまた見たいと思いました。
スポーツ漫画というジャンルは、読み切りにまとめるには非常に難しいものだと思います。それを描き上げた事に胸を張りつつ、よりよい作品を描けるように精進していきましょう。(自分にも言ってます)

柳田悠岐

どの作品も野球愛が滲み出ていて、野球選手として嬉しい気持ちになりました。みなさんの次回作を期待していますが、題材は野球でなくても好きなこと・モノを描けばその魅力は伝わると思います。僕も若い頃は朝から晩までファームでひたすらバットを振っていました。たくさん描いて・考えて、もっともっといいものが描けるよう頑張ってください!

編集部

「野球」という1つのテーマの中で様々な切り口の作品がありバリエーション豊かな賞でした。また、どの作品からも大変な熱量を感じられたことも良かったと思います。その熱量を持てあますことなく、読者に伝えられる技術を磨いて欲しいと思います。

インタビューはこちら!
賞金総額

応募資格:プロ・アマ問わず/ページ数:50ページ以内/一作品につき一つの賞に応募可能です。

受賞作はとなりのヤングジャンプ ・ヤンジャン!アプリに掲載予定です。さらに優秀作品に関してはヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ誌面に掲載される場合があります。また、大賞・準大賞・審査員特別賞の受賞者は2021年1月開催予定の授賞式にもご招待いたします。(※交通費の支給は大賞受賞者ご本人様のみとなります)

最終候補作投稿者にはヤングジャンプ定期購読デジタルが1年間無料となる特典もございます。


※各漫画賞ごとに審査のうえ、受賞作を決定します。
※受賞本数内訳は各審査結果により異なり、各漫画賞の賞金250万円の内訳は各漫画賞で異なります。
※全40漫画賞の賞金総額が最大で1億円となります。
※賞によっては条件の異なるものもございます。詳細は賞ごとの概要をご確認ください。
※商業媒体未発表(投稿サイトやSNSなどを除く)のオリジナル作に限ります。同じ作品を同時期に他の新人賞(web媒体含む)へ応募するのはご遠慮ください。
※受賞作品の出版権、上映・上演権、映像化権などの諸権利は集英社に帰属します。
※応募された個人情報は厳重に管理し、本企画遂行以外の目的に使用することはありません。本企画遂行後、速やかに破棄致します。

応募資格・規約

■応募はプロ・アマ問いません。
■特別な規程のある賞を除きページ数は50ページ以内
■商業媒体未発表(投稿サイトやSNSなどを除く)のオリジナル作に限ります。同じ作品を同時期に他の新人賞(web媒体含む)へ応募するのはご遠慮ください。
■一作品につき一つの賞に応募可能です。
■受賞作品の出版権、上映・上演権、映像化権などの諸権利は集英社に帰属します。
■アナログ原稿は返却いたします。(返却先不明の場合は処分させていただく場合があります)

※応募された個人情報は厳重に管理し、本企画遂行以外の目的に使用することはありません。本企画遂行後、速やかに破棄致します。

審査員
ヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ編集部&各賞審査員

締切
2020年7月31日(金)
※郵送の場合当日消印有効。

発表
本サイト・となりのヤングジャンプ ・ヤンジャン!アプリを予定。さらに優秀作品に関してはヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ誌面に掲載される場合があります。

賞金
本サイト内の各賞詳細ページを参照してください。

TOP | 各漫画賞