ミステリー漫画賞 漫画賞 アイコン

入賞+審査員特別賞 賞金…計50万円

『コヤノふたたび』みやひさお 48P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント 道尾秀介

まずタイトルが素晴らしく、また冒頭の謎が最高。その謎が金(きん)の隠し場所という重要な役割を果たしているという落差も面白いです。ただ、「強盗仲間」の行動に違和感があり、プロットの空白部分をあとから頑張って埋めたようにも見えます。
小谷野が殺されそうになったとき、電話で嘘の自首をして生き延びるアイディアが素晴らしいです。小谷野の「普通ではない」人格が非常に上手く描けているので、彼の場合、行動の無駄さに違和感をおぼえませんでした。

編集部コメント

キャラ、トリック、ドラマ、いずれもハイレベルでした。何気ない事件をフックとして、大きな話へ展開していく構成も手慣れたものを感じます。多くの登場人物をこのページ数で上手く処理しているのも素晴らしいです。欲を言えば「何を持って事件が解決なのか」の提示が弱かったですが、細かい仕掛けなど含め、全体的に好感度が高い作品でした。

佳作 賞金…10万円

『アンドロイドになりたかった』ねしな 50P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント 道尾秀介

テーマの提示やその補強、ミステリーの伏線が過不足なく入れ込まれ、この枚数で描かれているとは思えないほど充実した物語かと思います。ラストは泣いてしまいました。読者が「ほんの少しだけ」自分で考えて、初めて大きな感動を得るという、説明の匙加減が絶妙でした。タイトルへの帰結も見事だと思います。

編集部コメント

巧みな仕掛けや展開もさることながら、何より”アンドロイド”としての独自の「正義」が面白かったです。主人公の心情と、犯人の非人間的な情動を共に表現できているのは素晴らしいと思います。アンドロイドのロジックなどもしっかり考えてはくれていますが、後一歩テーマとしてアンドロイドと人間の在り方について答えを出してあればなお良かったです。

佳作 賞金…10万円

『退紅手帳』邪魔リキ 50P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント 道尾秀介

「開かずの部屋」「むかし体罰が行われていた部屋」という、冒頭からつづく謎が弱いのが残念です。その部屋をつくった用務員の行動も理解しがたく、また、あまりに非現実的で、解決編への共感が難しい作品でした。
終盤が続編への布石になっていることもあり、連作の一編目であればクオリティ充分かと思いますが、独立した短編としては弱いのではないでしょうか。

編集部コメント

しっかりと企画からネームを作った印象を受けます。ヒロインのキャラもいい。推理部に絡めた真相を用意するなど、作品として非常にまとまっていると思います。一点、「開かずの体罰部屋」への入り方の部分だけわかりづらかったのが残念ですが、ミステリーものでぜひ連載を目指してください。

最終候補作品

『プリズムの瞳』和田あつむ

審査員コメント 道尾秀介

漫画の情景描写はほぼ必然的に三人称視点となりますが、それを利用した、うらやましくなるような設定でした。その設定の面白さと映像的なメリットが見事に合致していると思います。場面展開のスムーズさとリーダビリティも素晴らしいです。ただ、犯人が証拠を回収しているシーンに偶然居合わせ、問い詰めるというのは、ミステリーとしてはやや興醒めの感がありました。

編集部コメント

サーモグラフィーで事件を解決という1アイディアは良かったと思いますし、殺害のトリックは考えられていますが、情報の出し方、見せ方がまだ拙く感じます。犯人やトリックを推理する時間がミステリーの醍醐味ですが、そこの楽しみが薄いのも残念でした。また、過去を含めた人間ドラマがちょっと分かりづらかったです。

『恋の墓標』雪魚

審査員コメント 道尾秀介

中盤まで、状況や登場人物の設定が、注意深く読んでもよくわかりませんでした。それをなんとか理解したあとも、物語がやはり理解しきれず、最後まで意味が掴めないまま終わった感があります。
※McGuffinの使い方が違っているのではないかと思います。

編集部コメント

絵は迫力があり、丁寧で好感が持てました。ただ、コマ割りが分かり辛く感じたので、1コマの情報を整理したり、過去回想シーンへと入る部分や時系列を分かりやすくしたりなどの工夫があると良いかと思います。登場したモチーフも話にあまり上手く絡んでおらず、概念的であった為、より話を分かり辛くしてしまっていたと印象です。

編集部コメント

道尾秀介

候補作を一読して、「小説新人賞の応募者、もっと頑張ってくれよ」と溜息をつきました。どれも驚くほどクオリティーが高く、ぐんぐん伸びているメディアであることを痛感します。受賞3作品は、お金を出して買っても満足できたのではないかと思います。個人的に大好きなのは『コヤノふたたび』ですが、一般的には『アンドロイドになりたかった』のほうが愉しめるような気もしますし、そちらのほうが完成度も高いとも感じ、難しいところです。

編集部

ミステリーという難易度の高いジャンルを、独自に噛み砕いて表現した意欲作が多かった印象です。その一方、他ジャンルと違って「魅力的な謎の提示」および「謎に対する整合性のある解答」が求められるぶん、処理すべき情報が渋滞している作品も見受けられました。そんな中、まだまだ粗削りではありますが、受賞作はいずれもその点はクリアできていたので、将来性に期待大です。

インタビューはこちら!
賞金総額

応募資格:プロ・アマ問わず/ページ数:50ページ以内/一作品につき一つの賞に応募可能です。

受賞作はとなりのヤングジャンプ ・ヤンジャン!アプリに掲載予定です。さらに優秀作品に関してはヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ誌面に掲載される場合があります。また、大賞・準大賞・審査員特別賞の受賞者は2021年1月開催予定の授賞式にもご招待いたします。(※交通費の支給は大賞受賞者ご本人様のみとなります)

最終候補作投稿者にはヤングジャンプ定期購読デジタルが1年間無料となる特典もございます。


※各漫画賞ごとに審査のうえ、受賞作を決定します。
※受賞本数内訳は各審査結果により異なり、各漫画賞の賞金250万円の内訳は各漫画賞で異なります。
※全40漫画賞の賞金総額が最大で1億円となります。
※賞によっては条件の異なるものもございます。詳細は賞ごとの概要をご確認ください。
※商業媒体未発表(投稿サイトやSNSなどを除く)のオリジナル作に限ります。同じ作品を同時期に他の新人賞(web媒体含む)へ応募するのはご遠慮ください。
※受賞作品の出版権、上映・上演権、映像化権などの諸権利は集英社に帰属します。
※応募された個人情報は厳重に管理し、本企画遂行以外の目的に使用することはありません。本企画遂行後、速やかに破棄致します。

応募資格・規約

■応募はプロ・アマ問いません。
■特別な規程のある賞を除きページ数は50ページ以内
■商業媒体未発表(投稿サイトやSNSなどを除く)のオリジナル作に限ります。同じ作品を同時期に他の新人賞(web媒体含む)へ応募するのはご遠慮ください。
■一作品につき一つの賞に応募可能です。
■受賞作品の出版権、上映・上演権、映像化権などの諸権利は集英社に帰属します。
■アナログ原稿は返却いたします。(返却先不明の場合は処分させていただく場合があります)

※応募された個人情報は厳重に管理し、本企画遂行以外の目的に使用することはありません。本企画遂行後、速やかに破棄致します。

審査員
ヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ編集部&各賞審査員

締切
2020年7月31日(金)
※郵送の場合当日消印有効。

発表
本サイト・となりのヤングジャンプ ・ヤンジャン!アプリを予定。さらに優秀作品に関してはヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ誌面に掲載される場合があります。

賞金
本サイト内の各賞詳細ページを参照してください。

TOP | 各漫画賞