社会の闇漫画賞 漫画賞 アイコン

準大賞+審査員特別賞 賞金…計70万円

『千春君は騙されない』針馬 35P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント 丸山ゴンザレス

裏社会をコメディでまとめるのは難しいが、比較的上手にまとまっているという印象。本来ならばそれで終わりなのだが、被害者が目立たない分、あまり目を向けられないネットワークビジネスのカフェ勧誘を上手に使ったところを評価したい。この先もエグすぎない部分を上手に使ってコメディにしてくれたらという期待を込めています。

編集部コメント

社会の闇や、我々の実生活の本当に近くに存在していることを実感できる作品でした。展開のハッとさせる作りと、コメディタッチにこういったテーマを描けるところは素晴らしかったです。

準大賞 賞金…50万円

『私たちは葛藤する』押石和佳 44P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント 丸山ゴンザレス

加害者を軸にした展開という挑戦姿勢が好ましい作品。加害者を扱うということは、単に社会の闇をすくい上げるというよりも病巣というか、もっと病んだ部分なんだと思う。もう何作か、それも裏社会的なえげつない事件に向き合って加害者の心を掘り下げてほしいという欲求がわいてくる。そういう意味では高評価です。

編集部コメント

故意ではない加害者の苦悩がリアリティをもって描かれている。冒頭のシーンからその後の展開に引き込む構成、構図や表情、強弱のついたセリフなど読者を意識したエンターテイメント精神が素晴らしいです。

入賞 賞金…30万円

『犯罪者に人権なし』三日月翔 42P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント 丸山ゴンザレス

人権と裏社会。目のつけどころは良いです。ただ、ストーリー中に込められた要素が多すぎる印象。畳み込むように展開させようとする意図もあったのでしょうが、もう少し取り上げる要素を絞ったほうが権利の喪失と守護について考えさせる作品になったかと思う。

編集部コメント

現実に1つのフィクションを混ぜたとき、主人公や社会にどんな影響が起こるのか、そしてそういった頃が実社会でも別の形で起きているのではないか、と思わせる作りは素晴らしかったです。ただ、テーマ以外の設定を広げ過ぎたことで、読み味を悪くしてしまっている部分もありました。

佳作 賞金…10万円

『盲目と奇異』井ノ巳吉 16P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント 丸山ゴンザレス

シンプルなストーリーで人の心の闇をわかりやすく提示してくれる。ただ、シンプルすぎるので、奥行きがあるようでない。異世界を舞台とするのならば、もっと究極的な選択を突きつけても良いかもしれない。実際、作中で異形が出てきたことから残酷が過ぎる究極の選択を見せつけてほしいところもあった。

編集部コメント

現代社会に対する風刺にも見える描き方と雰囲気と独創性のある世界観は素晴らしかったです。読者の読後感を意識することでより明確にテーマを伝えることができるようになると思います。

佳作 賞金…10万円

『鬼松』鬼怒川 43P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント 丸山ゴンザレス

復興詐欺を題材にしたことは評価したい。ただし、詐欺自体は多くの情報が出ているので、裏社会からもっとネタを持ってきたほうがストーリーに厚みが出たと思う。裏社会のいいとこ取りでもいいので、事実関係に厚みをもたせることで作品自体の深みも出たと思う。良い意味での挑戦的な姿勢は好印象。

編集部コメント

プロットもさることながら、登場人物の落ち着いた人間味、思考回路は、20歳の若さにして、非常によく描けていると感じます。絵はまだ拙いですが、テーマに対する相応しさがあるのもよかったです。

丸山ゴンザレス

裏社会をモチーフにするのは難しいところがある。リアルに寄せすぎると面白みが薄れ、乖離しすぎると嘘くさくなる。とはえい嘘みたいなネタが無数に転がっている世界ではあるので、リアルをそのまま使わずに上手に咀嚼できたら世間の注目を集める作品になると思う。黒いものを黒く表現するのではなく別の形で表現することを模索することが必要な分野なのだと今回の審査を通じてあらためて思いました。

編集部

なかなか社会の闇を描くというのは、何気なく生活していると難しいと思います。そんな中、身の回りの事や、きちんと調べた内容で作家さんそれぞれの“闇”を見ることができてとても面白い賞でした。読切や連載のネームを作る際は、編集部が全力で取材などの協力をします。だからこそ、ご自身の視点で社会を視るという意識を持ち続けて頂きたいです。

インタビューはこちら!
賞金総額

応募資格:プロ・アマ問わず/ページ数:50ページ以内/一作品につき一つの賞に応募可能です。

受賞作はとなりのヤングジャンプ ・ヤンジャン!アプリに掲載予定です。さらに優秀作品に関してはヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ誌面に掲載される場合があります。また、大賞・準大賞・審査員特別賞の受賞者は2021年1月開催予定の授賞式にもご招待いたします。(※交通費の支給は大賞受賞者ご本人様のみとなります)

最終候補作投稿者にはヤングジャンプ定期購読デジタルが1年間無料となる特典もございます。


※各漫画賞ごとに審査のうえ、受賞作を決定します。
※受賞本数内訳は各審査結果により異なり、各漫画賞の賞金250万円の内訳は各漫画賞で異なります。
※全40漫画賞の賞金総額が最大で1億円となります。
※賞によっては条件の異なるものもございます。詳細は賞ごとの概要をご確認ください。
※商業媒体未発表(投稿サイトやSNSなどを除く)のオリジナル作に限ります。同じ作品を同時期に他の新人賞(web媒体含む)へ応募するのはご遠慮ください。
※受賞作品の出版権、上映・上演権、映像化権などの諸権利は集英社に帰属します。
※応募された個人情報は厳重に管理し、本企画遂行以外の目的に使用することはありません。本企画遂行後、速やかに破棄致します。

応募資格・規約

■応募はプロ・アマ問いません。
■特別な規程のある賞を除きページ数は50ページ以内
■商業媒体未発表(投稿サイトやSNSなどを除く)のオリジナル作に限ります。同じ作品を同時期に他の新人賞(web媒体含む)へ応募するのはご遠慮ください。
■一作品につき一つの賞に応募可能です。
■受賞作品の出版権、上映・上演権、映像化権などの諸権利は集英社に帰属します。
■アナログ原稿は返却いたします。(返却先不明の場合は処分させていただく場合があります)

※応募された個人情報は厳重に管理し、本企画遂行以外の目的に使用することはありません。本企画遂行後、速やかに破棄致します。

審査員
ヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ編集部&各賞審査員

締切
2020年7月31日(金)
※郵送の場合当日消印有効。

発表
本サイト・となりのヤングジャンプ ・ヤンジャン!アプリを予定。さらに優秀作品に関してはヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ誌面に掲載される場合があります。

賞金
本サイト内の各賞詳細ページを参照してください。

TOP | 各漫画賞