エッセイ漫画賞 漫画賞 アイコン

佳作+審査員特別賞 賞金…計30万円

『脱サラしてミャンマーでクッキー売ってみた』ちろ子 45P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント 矢部太郎

決して読みやすくはない絵柄、文字の量だなあと思いながら読み始めましたが、それが癖になるところがありました。体験のスケールの大きさ、初めて知るミャンマーの情報も興味深くて、長い時間から構成された作品の中で、主人公の変化、成長も描かれ心を動かされました。ブロックごとに変化する1ページのコマ数もミャンマーという自由な気風のお国柄の賜物かなとも思え、終盤の大きなコマに感動しました。

編集部コメント

全体的にセリフでの情報量が多いこともあり読みやすくない作りではあったが、デフォルメの絵柄、また体験したテーマの面白さ、珍しい体験に対して等身大で向き合うキャラクターの好感度がカバーしていた点は評価したい。しかし、冒頭の入りでの情報の多さや読みづらい画面構成などは、初見の読者が面白いと感じる場面まで読み進めるには十分なハードルでもあるので、情報の整理、キャラクター同士の会話やドラマでの場面表現など、より見せ方に工夫をこらしてもらいたい。

佳作+審査員特別賞 賞金…計30万円

『リスボンより愛を込めて』福田雄一 37P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント 矢部太郎

版画のような味わいのタッチで描かれていて、遠くリスボンから届いた絵葉書を読むような気持ちになりました。ご主人やルイスのキャラクターも独特で、ルイスをどんどん好きになるように描かれていてよかったです。構図やオフビートなテンポも心地よく、特に余韻の残る終わり方が素晴らしかったです。

編集部コメント

版画のような絵柄は好みが分かれる面はあるが、異国情緒を表す点と登場人物たちの少し脱力感のある会話にうまくマッチしていて、独特の読み味を演出していた。しかし、エッセイ漫画としては登場人物のやりとり、出来事の切り取り方が流れに合わせてかっちり描かれすぎている面もあり、それが作品を淡々としすぎているように感じさせる印象も。ルイスとの交流を描くことがメインだが、もう少し余談となるような話を混ぜるなど、単調にならない工夫が欲しかった。

佳作 賞金…10万円

『電子書籍と親父の介護』クロミツ 41P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント 矢部太郎

独特な絵柄、手描き文字の迫力に圧倒され引き込まれました。描かねば!という作者の方の思いが強く伝わり胸を打ちます。アップが続く画面構成から突然始まった父の介護に向き合う主人公の切迫感、余裕のなさが感じられます。一般的な漫画のコマ割りでないところも僕には魅力的に思えました。ずっと吊り上がった眉の主人公とお父さんの感情が溢れて表情が変わるところ、素晴らしかったです。

編集部コメント

扱っているテーマと絵柄に相乗効果があり、情報量の少ない画面構成ながら介護に追いつめられる切迫感やじりじりとした主人公の想いが伝わる迫力はあった。反面、怒涛の日々を表すという効果はありつつも、話をくぎらずに40P超を読ませる作りは単調さにもなってしまい、作品としてもう少し緩急を意識した作りが欲しかった。また、介護というテーマにいつ当事者になるかわからないという共感を描く点では、主人公の介護前の状況など生活の変遷がもう少しわかるような描写を入れ込めてもよかったのではないか。

最終候補作品

『鬱苦しき世界』貴瀬トリコ

審査員コメント 矢部太郎

タイトルにも現れているように、苦しい日々を明るく、楽しく漫画として表現されることに成功されていて、最初から最後まで面白く読ませてもらいました。きっとどのようなテーマでも描けるであろう実力のあるお方だと思えました。

編集部コメント

鬱というテーマをユーモアを交えて明るく切り取り、ストレスなく読める作りとなっている点は評価できる。しかし、鬱をテーマにしたエッセイが数多く世に出ている現状では、この体験も貴重なものではあるが読み手にとってのインパクトに欠けていた。また、ネタに他作品のパロディも多くオリジナリティに欠ける部分と、モノローグの説明に頼りすぎる点もマイナスな印象。漫画のネタと割り切り明るく向き合う母のキャラクターがもっと見たかった。

『くそ男実録本』むつきひろ

審査員コメント 矢部太郎

かわいらしく表情に富んだキャラクターでご自身の交際されていた方との辛い体験でもテンポよく読む方のことを考えて描かれていて、素晴らしいと思いました。「くそ男」だと感じている。ということは大変伝わりました。が、最後まで視点が変わらなかったことで読後感が後味が悪くもありました。それはきっとなぜ「くそ男」なのか、なぜ「くそ男」と一緒にいたのか。といったことも読みたかったのかもしれないです。

編集部コメント

くそ男の生態をキャッチ―な絵柄でテンポよく描かれており、そのテンポ感が男の駄目さを畳みかけるように見せる演出ともなってくそ男ぶりがよく伝わる印象にはなっている。反面、友人などの第3者視点は入るものの、一方的に断罪をし続けるには「くそ男」側の論理が見えづらい部分もあり、なぜこうした男と一緒に暮らしていたのか、なぜそうした選択を選んでいたのか、など自分の落ち度となる部分や相手の考えが見える演出などあれば、より共感を呼べる作りとなるのでは。

編集部コメント

矢部太郎

どの作品もその人にしか描けない、個人的な体験を作品にしたい!という熱量を持ってこれだけのページ数が描かれたことを思うと感動的です。作者の方の人柄や人生感も見えて、とても楽しく読み進めました!絵の上手い下手を超えて、歪ささえも作品の魅力になっていて、他のジャンルの漫画では表現できないであろうエッセイ漫画というジャンルの面白さ豊かさを感じることができました。

編集部

エッセイ漫画というジャンルにたがわない唯一無二の体験を読める最終候補作となった。それぞれに絵柄や表現の仕方に味があり、またこれを漫画として伝えたいという熱量を感じさせる作品であった。反面、初見の読者がこの作品を読んでみたいと思わせる入り方への工夫や読みやすさという点ではつたない部分も多かった。単純な絵の上手さではない部分で表現されるからこそ見える作者の方の生き様がエッセイ漫画の面白さではあるが、読み手にストレスをかけないという見せ方の追及が欲しかった。

インタビューはこちら!
賞金総額

応募資格:プロ・アマ問わず/ページ数:50ページ以内/一作品につき一つの賞に応募可能です。

受賞作はとなりのヤングジャンプ ・ヤンジャン!アプリに掲載予定です。さらに優秀作品に関してはヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ誌面に掲載される場合があります。また、大賞・準大賞・審査員特別賞の受賞者は2021年1月開催予定の授賞式にもご招待いたします。(※交通費の支給は大賞受賞者ご本人様のみとなります)

最終候補作投稿者にはヤングジャンプ定期購読デジタルが1年間無料となる特典もございます。


※各漫画賞ごとに審査のうえ、受賞作を決定します。
※受賞本数内訳は各審査結果により異なり、各漫画賞の賞金250万円の内訳は各漫画賞で異なります。
※全40漫画賞の賞金総額が最大で1億円となります。
※賞によっては条件の異なるものもございます。詳細は賞ごとの概要をご確認ください。
※商業媒体未発表(投稿サイトやSNSなどを除く)のオリジナル作に限ります。同じ作品を同時期に他の新人賞(web媒体含む)へ応募するのはご遠慮ください。
※受賞作品の出版権、上映・上演権、映像化権などの諸権利は集英社に帰属します。
※応募された個人情報は厳重に管理し、本企画遂行以外の目的に使用することはありません。本企画遂行後、速やかに破棄致します。

応募資格・規約

■応募はプロ・アマ問いません。
■特別な規程のある賞を除きページ数は50ページ以内
■商業媒体未発表(投稿サイトやSNSなどを除く)のオリジナル作に限ります。同じ作品を同時期に他の新人賞(web媒体含む)へ応募するのはご遠慮ください。
■一作品につき一つの賞に応募可能です。
■受賞作品の出版権、上映・上演権、映像化権などの諸権利は集英社に帰属します。
■アナログ原稿は返却いたします。(返却先不明の場合は処分させていただく場合があります)

※応募された個人情報は厳重に管理し、本企画遂行以外の目的に使用することはありません。本企画遂行後、速やかに破棄致します。

審査員
ヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ編集部&各賞審査員

締切
2020年7月31日(金)
※郵送の場合当日消印有効。

発表
本サイト・となりのヤングジャンプ ・ヤンジャン!アプリを予定。さらに優秀作品に関してはヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ誌面に掲載される場合があります。

賞金
本サイト内の各賞詳細ページを参照してください。

TOP | 各漫画賞