文化系青春漫画賞 漫画賞 アイコン

準大賞+審査員特別賞 賞金…計70万円

『そでふれ』水縹十月 50P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント 末次由紀

よさこいというテーマで、新規性があり期待させます。主人公も可愛くて華がありますね。長い作品を最後までしっかりエンタメ感を減らすことなく書いていると思います。
気になるのはキャラクター。凉と椛は幼なじみなのに、なんとなく「幼なじみならそこはもうクリアしてるんじゃないか」というような、不自然さを感じる部分があります。よさこいへの椛の思いも知っているはずだし、よさこいがどんなものかも知っているはず。それなのに自分は「やらない」という姿勢でいた。それにはかなりの理由があったはずなのですが、その部分は語られないので、読んでいても感情移入がしにくくなっています。
「いつも私の優先順位は一番最後だった」という導入ならば、その順位は最後には変わっているべきだったのではないか、そこを目指して構成すべきなのではないか、と思います。
椛がどういう人間で凉にとってどういう相手なのかを、もっと早い段階(1、2P目)で描かれていたらもっと読みやすかったはずです。
熱量のある漫画を描ける力とキャラの魅力を十分感じました。作品の中で成長していく点、ぶつかる点、変わっていく点を明確に整理していくだけで、格段に良くなるはずです。期待しています。

編集部コメント

「よさこい」をテーマに、主人公の心の成長が丁寧に描かれていました。舞踊シーンも漫画ならではの描き方がされており迫力があってよかったです。メインの男女だけでなく、周囲の友人たちも魅力的に描かれていた点も素晴らしかったです。ただ、大学生という設定の割には主人公の悩みや葛藤が少し幼く見えてしまい、好感を持ちづらいのが惜しい点だと感じました。題材の魅力と描きたいテーマの結びつきを意識し強化すると、更に面白い作品が描けると思います。

入賞 賞金…30万円

『しゃばだば』竜丸 46P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント 末次由紀

紙から出てきそうな元気な絵柄、パースのきいた構図にとても勢いを感じます。意味を越えて衝動を爆発させる、衝動でつながる、という疾走感が伝わってきます。
でもやはり「意味」がないならないで、違う点で読者が共感できる部分があると良かったと感じます。本当にテレビを消さないことが家出の理由なのか・・・。全ての家出の理由としてはちょっと弱く、弱くてもいいからもっとたくさんの清良が感じる「違和感」の塊を感じさられると、もっと読者の心に近付くことができたのではないかと思います。
若いからこその焦燥感、不安感、無敵感が絵で表現できているのは凄いことです。この画力、表現力をもっと大きなテーマで生かしていってください!

編集部コメント

「家出」をテーマに、反抗期の少年少女の衝動がエネルギッシュかつ疾走感ある形でよく描かれていたと思います。一方で、家出の理由などの設定は読者がなかなか共感しにくいものになっているので、主人公以外の周りのキャラクターでその補完が出来ていたら更に良かったでしょうか。今の勢いや熱はそのままに、読者に伝わりやすいキャラや設定を心がけましょう。

佳作 賞金…10万円

『アンダー×ヒーロー』小林煌 23P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント 末次由紀

下着というテーマが珍しく、しかも下着を作るのが男の子のキャラクターという点で興味を引きます。モデルの幼なじみの女の子が、巨乳で悩んでいるというのも面白いです。
せっかくミシンという機械を使って、読者も気がついていないブラの救世主的ポイント(大きく見せるだけじゃなく、小さく見せることもできる)を描くのであれば、そこをもっと理論を立てて説得力のある描写で読みたかったです。
そして物語が起承転結の「承」の部分で終わっている印象です。コンビを組んでコンテストに出て結果を出す・・・というところまで読みたかった作品です。
「下着は救世主」と描きつつも、本当の救世主は主人公であるという点を、画面の強弱をもっとつけつつ描くと、読み味もクリアになったと思います。
キャラは個性がありとてもキュートで、軽快さが大きな武器になると思います。

編集部コメント

「下着デザイナー」という着眼点は新鮮で面白かったです。主人公がヒロインの抱える悩みを解決するという構成もわかりやすかったと思います。ただ、特に男性読者からは遠い存在である「女性用下着」を扱うからこそ、ヒロインの悩みやその解決策は丁寧に描かないと読者に十分な説得力を与えることができず、結果的に漫画としての面白みにあまり繋がりきっていないのが惜しい点でした。

佳作 賞金…10万円

『スターとシュガー』源なか 32P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント 末次由紀

透明感のある絵柄と好感度の高いキャラクターが描けていて、読む人が手に取りやすい要素が揃っています。
舞台は美大。天才肌の青山さんと、絵に熱心になれない星野くんがどう変化していくのか…と思って読み進めるのですが、結果を言えば彼ら二人の内面に大きな変化がなく、これは一体なんの話だったんだろうという読後感です。美大に通う人間がクッキーを焼くことが上手くなる、ということが彼どんな未来への影響を与えたのか、星野くんとの出会いで青山さんがどう自分の道を選ぶのか、そこへの導線が整えられておらず不鮮明なのが惜しいところでした。それは、短編で一番大事な「構成」が甘いということになります。
二人の出会いを描くことで、二人がどうぶつかり、どう変わるのか、そこを描き切らなければ、物語の重量が上がらない、ひいては読む人の心に残る作品にはなかなかなりません。
登場人物となかなか目が合わない(読者側と)印象なのも、もったいないところです。
優しい世界の空気を描けるところはとても素敵な魅力なので、構成に拘って次の作品を書いてみてください。

編集部コメント

美大を舞台に、青年と女性の交流が丁寧に描かれていました。油絵とクッキーという組み合わせもギャップがあり面白かったです。一方で、女性側に比べると青年側のドラマが足りておらず、全体としては物足りない印象を受けました。表情や演出など情感ある描写はできているので、今後はドラマ性をより意識すると更に読者に届く作品が描けるようになると思います。

末次由紀

文化系青春漫画というカテゴリーに相応しく、エネルギーのある魅力的なキャラにたくさん出会えました。手応えのなかった日常に、新しいことと出会う、そのみずみずしさがどの作品からも感じられて、読んでいてとてもワクワクしました。
審査員特別賞は「そでふれ」に。難しくも発展性のあるテーマを選んだこと、迫力や色気、熱気を描くことができている点を評価したいです。

編集部

「文化系」「青春」という2つの言葉に対して、投稿者ごとの様々な解釈や定義や考えが寄せられ、大変バラエティーに富んだ賞になったと思います。その中で最終的に受賞作に選ばれた作品に共通していたのは「熱」だと思います。ぜひ情熱を持って漫画制作に取り組みましょう!

インタビューはこちら!
賞金総額

応募資格:プロ・アマ問わず/ページ数:50ページ以内/一作品につき一つの賞に応募可能です。

受賞作はとなりのヤングジャンプ ・ヤンジャン!アプリに掲載予定です。さらに優秀作品に関してはヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ誌面に掲載される場合があります。また、大賞・準大賞・審査員特別賞の受賞者は2021年1月開催予定の授賞式にもご招待いたします。(※交通費の支給は大賞受賞者ご本人様のみとなります)

最終候補作投稿者にはヤングジャンプ定期購読デジタルが1年間無料となる特典もございます。


※各漫画賞ごとに審査のうえ、受賞作を決定します。
※受賞本数内訳は各審査結果により異なり、各漫画賞の賞金250万円の内訳は各漫画賞で異なります。
※全40漫画賞の賞金総額が最大で1億円となります。
※賞によっては条件の異なるものもございます。詳細は賞ごとの概要をご確認ください。
※商業媒体未発表(投稿サイトやSNSなどを除く)のオリジナル作に限ります。同じ作品を同時期に他の新人賞(web媒体含む)へ応募するのはご遠慮ください。
※受賞作品の出版権、上映・上演権、映像化権などの諸権利は集英社に帰属します。
※応募された個人情報は厳重に管理し、本企画遂行以外の目的に使用することはありません。本企画遂行後、速やかに破棄致します。

応募資格・規約

■応募はプロ・アマ問いません。
■特別な規程のある賞を除きページ数は50ページ以内
■商業媒体未発表(投稿サイトやSNSなどを除く)のオリジナル作に限ります。同じ作品を同時期に他の新人賞(web媒体含む)へ応募するのはご遠慮ください。
■一作品につき一つの賞に応募可能です。
■受賞作品の出版権、上映・上演権、映像化権などの諸権利は集英社に帰属します。
■アナログ原稿は返却いたします。(返却先不明の場合は処分させていただく場合があります)

※応募された個人情報は厳重に管理し、本企画遂行以外の目的に使用することはありません。本企画遂行後、速やかに破棄致します。

審査員
ヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ編集部&各賞審査員

締切
2020年7月31日(金)
※郵送の場合当日消印有効。

発表
本サイト・となりのヤングジャンプ ・ヤンジャン!アプリを予定。さらに優秀作品に関してはヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ誌面に掲載される場合があります。

賞金
本サイト内の各賞詳細ページを参照してください。

TOP | 各漫画賞