ゾンビ漫画賞 漫画賞 アイコン

準大賞 賞金…50万円

『腐っても父親』森藤渉 24P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント 上田慎一郎

「ゾンビの主夫」という設定は面白い!しかし、その設定を活かすディティールを見たかった。料理や洗濯の時にどんな苦労があるのか?など。「父と息子の和解」がゴールであれば、前半で「息子が父を拒否する様」をもっと丁寧に見せておくべきだったのではないか。そうすればラストがより感動的になったのではないか。また、誘拐犯を倒す時にゾンビならではの倒し方が見たかった。

編集部コメント

絵的・演出的には今回の最終候補作で最も優れていたと思う。ハートフルなストーリーは読後感も良く、作家としての高いポテンシャルを感じた。一方、プロットとしては無難で、またアイデアを十分に使い切れているとも言えない。同じテーマでも「父親がゾンビ」というアイデアを魅力的に見せる方法はあったと思う。

入賞+審査員特別賞 賞金…50万円

『ゾンビサーチ』オクスツネハル 50P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント 上田慎一郎

「何者かに殺された刑事がゾンビ化して自ら犯人を探す!」という粗筋がまずお見事!ゾンビを活かした捜査や犯人逮捕劇も素晴らしい。設定や細部が詰められていて世界に入り込める。妻との人間ドラマあり、推理劇としてのどんでん返しもありで、満足度がとても高い。絵も台詞も活き活き。絵の切り取り方、アングルもセンスフル。連載で読みたい!

編集部コメント

ゾンビものという点では、その題材を上手く使い切れているとは言い難いかもしれないが、ヒキの強いストーリー展開など読者を物語に引き込む仕掛けが随所に見られ、エンターテイメントとして高い完成度にあったと思う。後半の展開がやや無理やりであったように感じるが、その点を差っ引いても今回の最終候補作の中ではもっとも作劇がしっかりしていた作品だったと思う。

佳作 賞金…10万円

『Undead Love』遊木秋勇 21P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント 上田慎一郎

「新人類・ゾンビの世界で、旧人類・人間に感染してしまう病が発生し…」という逆転の発想が素晴らしい!これはゾンビものの新たな発明だ。作者の熱がこもったキャラの表情、ダイナミックなコマ割りもあいまって、世界に引き込まれた。メッセージ性も感じられ、読者が持ち帰れるお土産もある。これを少ないページ数で描き切っている事もお見事!

編集部コメント

アイデア自体は大雑把でストーリー展開も起伏に欠けるが、演出力が高いのでキャラクターの感情の盛り上がりを上手く表現できていたと思う。このアイデアをより広げてよりヒキのあるストーリーを作ることも出来たと思うので、その点が惜しい作品だった。

最終候補作品

『ゾンビ1/2』佐々木シグナル

審査員コメント 上田慎一郎

「温泉を浴びるとゾンビ化」「ネギで人間に戻る」というアイディアは面白い!が、それらを単なる思いつきで終わらせるのではなく、上手く結びつけて欲しかった。ネギではなく温泉卵とかの方が良かったかも?主人公のゾンビ化への恐怖を感じたかった。完全ゾンビ化までのグラデーション、タイムリミット感があると良かったかも。表紙絵がインパクト十分なだけに中身でそれを超える絵が見れなかったのも惜しい。

編集部コメント

アイデアに光るものはあるがそれを活かしきれていない印象がある。画力は一定のレベルにはあるが連載等を考慮すればまだまだ厳しい。ただ、ゾンビの造形へのこだわりなど、賞のテーマに真摯に向き合った跡が見られ、その点は良い点だったと思う。

『HUMAN OF THE DEAD』茶んた

審査員コメント 上田慎一郎

「実はみんなゾンビの真似をしていただけ!」というオチは意外性があって面白い!ただ、そのオチに至るまでの伏線をもっと丁寧に積み重ねて欲しかった。オチを迎えた時に、バラバラだった点が一本の線に繋がるようなカタルシスが欲しかった。ヒロインの通常時の顔とゾンビ顔にもっと変化が欲しかった。大オチはほっこりしてて良い。

編集部コメント

切り口は面白い。意外性があると同時に、最終的にはハートフルなオチとなり、読後感も良かった。ただこの題材を選ぶのであれば、偽って人間を襲わなければならない状況に置かれた人間の表情を描き切る力など、高い画力が必要となっただろう。コメディタッチの作品ではあるが画力で説得力を持たせられたらより良い作品になったと思う。

編集部コメント

上田慎一郎

今回、新しいアイディアの数々に触れ「まだまだゾンビは蘇る」と確信できた。その一方で、アイディア(素材)は素晴らしいけど料理の仕方が惜しい…と思う作品が多かった事も事実。アイディアを手に入れたら「それをどう料理するか?」に頭を使わねばならない。アイディアに出会う事はスタート。そこからが勝負。料理の仕方一つで仕上がりの味が変わる。「ゾンビサーチ」はアイディアを活かす料理の仕方が考え抜かれていた。細部まで手を抜かない。1コマたりとも手を抜かない。そんな気概が感じられた。完成度として頭一つ抜けていた。それぞれの漫画にキラリと光る個性があった。その光を大きくするものは作者の「粘り」だと思う。どうすればもっと面白くなるか?粘った分だけ作品は面白くなる。粘って、粘って、粘ってください。僕も一生粘り続けます。

編集部

最終候補に残った5作は、どれも違う切り口でゾンビに向き合っていて読み応えがあった。ゾンビとあるテーマの掛け合わせという部分も意識出来ている原稿が多かったのも高評価。ただ掛け合わせる素材をより徹底的に料理してほしかったとも思う。ゾンビ物自体は世の中に多くあるが、その中で目立つためには掛け合わせるテーマや設定を徹底的に使い尽くして、ゾンビの新しい見せ方を切り開く必要がある。そのテーマや設定の見せ方が巧みであればあるほど作品はより面白く、より独自性を獲得していく物だと思う。これはゾンビ物に限らない、漫画の企画を立てる上で必須の考え方でもあるので、この点をより意識して次回作に是非取り組んでほしい。

インタビューはこちら!
賞金総額

応募資格:プロ・アマ問わず/ページ数:50ページ以内/一作品につき一つの賞に応募可能です。

受賞作はとなりのヤングジャンプ ・ヤンジャン!アプリに掲載予定です。さらに優秀作品に関してはヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ誌面に掲載される場合があります。また、大賞・準大賞・審査員特別賞の受賞者は2021年1月開催予定の授賞式にもご招待いたします。(※交通費の支給は大賞受賞者ご本人様のみとなります)

最終候補作投稿者にはヤングジャンプ定期購読デジタルが1年間無料となる特典もございます。


※各漫画賞ごとに審査のうえ、受賞作を決定します。
※受賞本数内訳は各審査結果により異なり、各漫画賞の賞金250万円の内訳は各漫画賞で異なります。
※全40漫画賞の賞金総額が最大で1億円となります。
※賞によっては条件の異なるものもございます。詳細は賞ごとの概要をご確認ください。
※商業媒体未発表(投稿サイトやSNSなどを除く)のオリジナル作に限ります。同じ作品を同時期に他の新人賞(web媒体含む)へ応募するのはご遠慮ください。
※受賞作品の出版権、上映・上演権、映像化権などの諸権利は集英社に帰属します。
※応募された個人情報は厳重に管理し、本企画遂行以外の目的に使用することはありません。本企画遂行後、速やかに破棄致します。

応募資格・規約

■応募はプロ・アマ問いません。
■特別な規程のある賞を除きページ数は50ページ以内
■商業媒体未発表(投稿サイトやSNSなどを除く)のオリジナル作に限ります。同じ作品を同時期に他の新人賞(web媒体含む)へ応募するのはご遠慮ください。
■一作品につき一つの賞に応募可能です。
■受賞作品の出版権、上映・上演権、映像化権などの諸権利は集英社に帰属します。
■アナログ原稿は返却いたします。(返却先不明の場合は処分させていただく場合があります)

※応募された個人情報は厳重に管理し、本企画遂行以外の目的に使用することはありません。本企画遂行後、速やかに破棄致します。

審査員
ヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ編集部&各賞審査員

締切
2020年7月31日(金)
※郵送の場合当日消印有効。

発表
本サイト・となりのヤングジャンプ ・ヤンジャン!アプリを予定。さらに優秀作品に関してはヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ誌面に掲載される場合があります。

賞金
本サイト内の各賞詳細ページを参照してください。

TOP | 各漫画賞