政治漫画賞 漫画賞 アイコン

入賞&審査員特別賞 賞金…計50万円

『末法思想ユートピア』神代本人 28P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント 樹林伸

恐ろしい話を読まされた気がした。画力もあるし発想も面白い。文句なく、候補作の中では最高評価だろう。欲を言えば、ラストをもう少しじっくりと描いてほしかった。

編集部コメント

政治・社会システムに対する知識と感度が高くなければ扱えないテーマを、ぼかさず描ききった意欲作だと思います。政治を批判することは誰にでもできますが、国策レベルの具体性を持って「何が問題か」を描ける方は稀です。最後、二択を迫られた主人公が取る選択は、高度化していく社会において逆に賢者らしいものなので、それ自体は悪くないと思いますが、終始 主人公が受動的だったので、最後の決断くらいは二者択一とはいえ与えられるものではなく、主体的に自ら導き出すように設計して欲しかったと思います。

佳作 賞金…10万円

『同人政治』タイザン5 43P

となりのヤングジャンプで受賞作品を読む!
審査員コメント 樹林伸

「政治をエンターテイメントにすることで、興味を集める」というテーマは面白い。絵も味がありまだ上手くなりそう。とはいえ、この作品だけで評価すると、政治漫画にはなっていないし、『部長』が過去に起こした暴力事件を掘り下げられなかったのは、いささか消化不良。

編集部コメント

物語内で、物語を使って政治に関わる・興味を持ってもらうという発想が面白かったです。政治家同士のBLというのがまた独特ですが、部長が主人公を見出し、何かを託す(主人公もまた呼応する)という縦軸を展開していく上で、そこまで影響を与える説得力が感じられなかったのが残念です。物語内で相応の影響を与える作中作の難しさというものがあり、それをキャラクターのセリフや行動で示し、かつ、それが政治において重要な考え方や向き合い方の提示になっていれば美しかったと思います。

最終候補作品

『我的抗争』Chris Ng

審査員コメント 審査員名

香港のデモを描いた意欲作だが、客観視点になっていて、やや迫力に欠ける。ラストに描かれる主人公の『闘い方』は、テーマとして興味深いが、全体としてエンターテイメントになっていないのが残念。

編集部コメント

ドキュメンタリックな作りと絵が印象的で、メッセージ性も強く感じました。ただ、漫画はエンタメとしての「面白さ」が先にあって初めてメッセージやテーマを伝えることができます。本作はエンタメ性が弱いため、せっかくのテーマが「情報」にしかなっていません。次はぜひ、キャラクターや展開でもって「面白い、なおかつためになる」漫画を目指して描いてみて欲しいです。

『独裁者ちゃんとその最大の敵』樋口紀信

審査員コメント 審査員名

ギャグ漫画として政治を描くというのは、試みとしては悪くないが、あまり笑えなかったし、テーマがいまひとつ伝わらない。

編集部コメント

「政治×○○」の化学反応という意味では、投稿作の中で最も挑戦的かつ意外性を持った作品でした。独裁者の萌えキャラ化、政治的要素のユーモア溢れる扱い方など、作品の中に発明があったのも好印象です。遊び心は良かったものの、独特すぎるノリについていけないまま話が進んでいくので、二人の関係性と変化、決断に気持ちよさを感じづらかったのが惜しいです。外交員のほうはもう少し狂気を抑え、読者との接点になる地に足の着いたキャラ付けでもよかったのではないかと思います。

編集部コメント

樹林伸

本数は少ないが、レベルはなかなかに高かった。政治という難しいテーマを敢えて選んでの作品作りは困難だったと思うが、ジャンルにかかわらず面白いモノを描こうという意欲は、この先の作品作りに必ず活きてくるはず。いっそうの努力を期待したい。

編集部

「政治」というものをどう取り扱うか、着眼点・発想の切り口に多様性が感じられる部門でした。政治に毒づいたり、政治家を茶化したりするだけで終わらず、そこから何を伝えたいのか、どういう面白さを読者に提供したいのか。最終候補に残った4作は、どれも違うベクトルでありながら、その視点が明確だったと思います。ただ、総じてまだ荒削りな部分が多く着地(オチ)が弱い所が見られたので、カタルシスのあるゴールを定めて、しっかりそこに向かっていく設計を心がけてみてください。

インタビューはこちら!
賞金総額

応募資格:プロ・アマ問わず/ページ数:50ページ以内/一作品につき一つの賞に応募可能です。

受賞作はとなりのヤングジャンプ ・ヤンジャン!アプリに掲載予定です。さらに優秀作品に関してはヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ誌面に掲載される場合があります。また、大賞・準大賞・審査員特別賞の受賞者は2021年1月開催予定の授賞式にもご招待いたします。(※交通費の支給は大賞受賞者ご本人様のみとなります)

最終候補作投稿者にはヤングジャンプ定期購読デジタルが1年間無料となる特典もございます。


※各漫画賞ごとに審査のうえ、受賞作を決定します。
※受賞本数内訳は各審査結果により異なり、各漫画賞の賞金250万円の内訳は各漫画賞で異なります。
※全40漫画賞の賞金総額が最大で1億円となります。
※賞によっては条件の異なるものもございます。詳細は賞ごとの概要をご確認ください。
※商業媒体未発表(投稿サイトやSNSなどを除く)のオリジナル作に限ります。同じ作品を同時期に他の新人賞(web媒体含む)へ応募するのはご遠慮ください。
※受賞作品の出版権、上映・上演権、映像化権などの諸権利は集英社に帰属します。
※応募された個人情報は厳重に管理し、本企画遂行以外の目的に使用することはありません。本企画遂行後、速やかに破棄致します。

応募資格・規約

■応募はプロ・アマ問いません。
■特別な規程のある賞を除きページ数は50ページ以内
■商業媒体未発表(投稿サイトやSNSなどを除く)のオリジナル作に限ります。同じ作品を同時期に他の新人賞(web媒体含む)へ応募するのはご遠慮ください。
■一作品につき一つの賞に応募可能です。
■受賞作品の出版権、上映・上演権、映像化権などの諸権利は集英社に帰属します。
■アナログ原稿は返却いたします。(返却先不明の場合は処分させていただく場合があります)

※応募された個人情報は厳重に管理し、本企画遂行以外の目的に使用することはありません。本企画遂行後、速やかに破棄致します。

審査員
ヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ編集部&各賞審査員

締切
2020年7月31日(金)
※郵送の場合当日消印有効。

発表
本サイト・となりのヤングジャンプ ・ヤンジャン!アプリを予定。さらに優秀作品に関してはヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ誌面に掲載される場合があります。

賞金
本サイト内の各賞詳細ページを参照してください。

TOP | 各漫画賞