インタビュー アイコン アニメ1クール分プロット漫画賞審査員『約束のネバーランド』原作 白井カイウ

白井カイウ先生カット

――今回の企画で審査員の打診があった際に、大変驚いたとお聞きしています。最終的に引き受けるに至った決め手などあったのでしょうか?

白:正直なところ「私、WJだけどいいんですか!?」とは思いました。ただ、貴重なお話でもありましたし、面白そうだと思ったので、快諾させていただきました。

――原作担当には作画担当とは違った難しさがあると思うのですが、新人時代に苦労された出来事などはありますか?

白:新人以前の時のことですが、描いても出しても、投稿・持ち込み、ともに、箸にも棒にもかかりませんでした。その後、無事に担当さんについていただいてからは、作画をしてくださる先生を見つけるのがとても困難でしたね。

――そういった時期を乗り越えるためには、どういった行動が必要になるでしょうか? また、乗り越えるコツなどありましたらうかがいたいです。

白:まずは、「自分が勝負できる強みが何であるか見つけ知ること」でしょうか。それ以外にも色々あると思いますが、現在世の中に星の数ほどある漫画たちの中で、自分が埋もれずに見せられる何か、勝負できるものを見つけて“武器”を磨くのは、有益な一手だと思います。その上で私は、自分の伝えたい面白さが自分の伝えたい通りに伝わっているのかどうかを、友人に読んでもらってひたすらデータをとりまくりました。
担当さんもそうですが、作画をされる先生との出会いに関しては心配しかなかったです。が、大丈夫です。自分自身を磨いていれば、必ず素晴らしい巡り合いが待っているので、皆さんも信じて突き進んでください。

――「アニメ1クール分プロット」漫画賞は、物語の構成力やラストまで読者、視聴者を惹きつけるといった総合力が問われる部門だと思われます。こういったジャンルで大成するために「新人」に必要なこと、大切なことはありますか?

白:無いです。ただ「面白さの戦略」がちゃんとあるものは、自分の作品を商品として売り出す上でやりやすい気はします。意図的でなくとも、「この商品はここが売りで面白い」「ここで読者を楽しませるのだ」というのが見える漫画は、出版社といった“買う側”も買いやすく、ジャンルに限らず、賞、各種コンペ、いずれにも通りやすい気はします。ただ、それが無ければだめということもなく、一部の天才はそんなこと微塵も考えず圧倒的に面白い漫画を描いたりもしますので、天才の方々は気にしなくて良いです(笑)。ただ、私含め凡人の類の人はそこにちゃんと作戦を持っておいたほうが近道になるかもしれませんね。

――物語を創り出すようなお仕事では、インプット作業も大事になってくると思います。ご自身の活動において刺激を得るために、どのようなものを取り入れているでしょうか?

白:「映画」、「漫画」、「ドラマ」、が多いです。それと「舞台劇」や「音楽」も。素晴らしい演出の数々を浴びたくなったり、“人間を描く”というエンタメの原点に立ち戻りたくなったりした時には、黒澤明監督の映画をよく観ます。創作物ではないですが、日々のニュースやドキュメンタリーから刺激を受けることも多いかもしれません。
あと、子供の頃を含めて、「これまで自分が何で感動し、その時どう思ったか」みたいな記憶は、一番漫画のネタとして有効だと思っています。

――「アニメ1クール分プロット」漫画賞に応募する上で、抑えていたほうがいい定石や要素のようなものはあるのでしょうか。また、ご自身が意識している点があればお聞かせください。

白:これに関しても無いですね。面白ければ、魅力があれば、それが正義だと思います。ただ私だったら、毎回の山場、ヒキ、全体の山場、ヒキ、など、“アニメ1クール分”という比較的短期で決め込む企画であるゆえの“構成の戦略”は別途立てるかな、と思います。私なりの切り口はいくつか考えられそうですが、それらはあくまでひとつの切り口で、それがあれば良い、有利、無ければダメ、不利、というのは一切ございません。応募者の皆様が“面白い”というキャラを、シーンを、感情を、できる限りぶち込んでいただけたら幸いです。

――規模の大きい漫画賞ということもあり、多くの応募作品に目を通すと思われます。ご自身が期待する作品はどういったものになるでしょうか。

白:“面白い”漫画ですね。面白さの戦略がちゃんとある漫画、戦略がなくてもいいから見出せる漫画が読めたら嬉しいです。読み手を楽しませてくれる、あっと言わせてくれる漫画。ほのぼのでも、スリル満点のサスペンスやホラーでも、バキバキのアクションでも、感動いっぱいのヒューマンドラマでも、ラブストーリーでも、コメディでも、メジャーな切り口でもマイナーな切り口でも、理屈じゃない不条理な漫画でも、楽しめる漫画なら何でも読みたいです。

――最後に漫画賞への応募を考えているみなさんへ、メッセージとエールをお願いいたします。

白:文章だけでも、ネームだけでも大丈夫、大歓迎です! 物語を作ったり、漫画の形にしたりするのは大変だと思いますが、是非自分の“面白い”を最高に伝わる形にしてぶつけてきてください!
あと、面白ければ割と全然関係なかったりもするのですが、文字部分、手書きの場合、字は読める字だと嬉しいです!それで落ちるとかはありませんが、文字や文意の判読が困難、みたいな部分で読み止まってしまうのが勿体ないので。もちろん、好みで落とすようなことも一切ないので、思いっきり皆様の“好き”をぶつけてください。ご応募、お待ちしています!!

賞金総額

応募資格:プロ・アマ問わず/ページ数:50ページ以内/一作品につき一つの賞に応募可能です。

受賞作はとなりのヤングジャンプ ・ヤンジャン!アプリに掲載予定です。さらに優秀作品に関してはヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ誌面に掲載される場合があります。また、大賞・準大賞・審査員特別賞の受賞者は2021年1月開催予定の授賞式にもご招待いたします。(※交通費の支給は大賞受賞者ご本人様のみとなります)

最終候補作投稿者にはヤングジャンプ定期購読デジタルが1年間無料となる特典もございます。


※各漫画賞ごとに審査のうえ、受賞作を決定します。
※受賞本数内訳は各審査結果により異なり、各漫画賞の賞金250万円の内訳は各漫画賞で異なります。
※全40漫画賞の賞金総額が最大で1億円となります。
※賞によっては条件の異なるものもございます。詳細は賞ごとの概要をご確認ください。
※商業媒体未発表(投稿サイトやSNSなどを除く)のオリジナル作に限ります。同じ作品を同時期に他の新人賞(web媒体含む)へ応募するのはご遠慮ください。
※受賞作品の出版権、上映・上演権、映像化権などの諸権利は集英社に帰属します。
※応募された個人情報は厳重に管理し、本企画遂行以外の目的に使用することはありません。本企画遂行後、速やかに破棄致します。

郵送の場合

宛先
〒101-8052
神田郵便局 郵便私書箱 第66号
「1億円40漫画賞」係
※返却原稿用封筒を同封してください。切手不要です。

<郵送用書式をダウンロードする>

記入事項
原稿の最終ページ裏に下記を記入してください。
■郵便番号
■住所
■氏名(本名とペンネーム)・年齢
■職業
■電話番号(都合の良い時間帯も)
■今までの投稿・掲載歴
■志望雑誌(ヤングジャンプ・となりのヤングジャンプ&ヤンジャン!アプリ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ)※複数回答可
■作品を投稿する賞名 ※一作品につき一つの賞に応募可能です

※手書きの場合はB4判の紙に黒インクか墨汁で描き、セリフは鉛筆で濃く書いてください。絵柄にかかる場合はトレーシングペーパーの上に。版面は270×180ミリ(右図参照)。

原稿サイズ
WEBの場合

応募フォームより必要事項を入力の上、原稿データをアップロードしてください。

原稿作成時のデータは指定なく自由に作成可能ですが、提出にはweb掲載用としてjpegもしくはpngファイルにてアップロードしてください。
原稿は原則として、アナログ原稿の版面に準じます。
B4サイズでプリントアウトされるように設定し、その際、上下左右20mm以上の余白が出来るように作成してください。
各ページに必ずノンブル(ページ番号)を記載してください。
ファイルサイズの上限は100MBです。
そのサイズを超える作品は、CD-Rなどに書き込み、プリントアウトを別途添えて郵送にてご応募ください。

アップロードするファイルは圧縮し、ファイル名は「(作品名の半角英数小文字).zip」でお願いします。
例)shinman.zip

各頁jpeg/pngファイルのファイル名は半角アルファベットのタイトル名+ページ数3桁でお願いします。
例)
shinman001.jpg
shinman002.jpg
応募作品はサイズを軽くしたデータでも可ですが、最終候補作に選出された場合、オリジナルデータを別途お送りいただく場合があります。

受賞作品はすべて「となりのヤングジャンプ」「ヤンジャン!」アプリに掲載いたします。
さらに優秀作品に関してはヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ誌面に掲載される場合があります。

受付終了
あしたのヤングジャンプ投稿の場合

各漫画賞のリンクより、アカウントをお持ちの方は投稿フォームから「あしたのヤングジャンプ」規約に従って投稿してください。
投稿作品は通常投稿と異なり、賞の決定まで非公開となります。
ただし、すでに「あしたのヤングジャンプ」内で公開済みの作品の投稿や同一作品を別途投稿することは可能です。
最終候補に残った作者様には編集部からご連絡して、年齢・性別・住所・電話番号・志望雑誌をお聞きいたします。
またその際にオリジナルデータを別途お送りいただきますので保存しておくようお願いいたします。なお、選考結果発表日時は目安です。選考状況によって前後する場合があります。

受付終了
持ち込みの場合

持ち込みご希望の場合は、平日の13時~ヤングジャンプ編集部までご連絡ください。
YJ編集部TELL

東京都千代田区神田神保町3-13
集英社 週刊ヤングジャンプ編集部
地下鉄『神保町』駅(東京メトロ半蔵門線・都営新宿線・都営三田線)下車(A1出口より)徒歩2分。

地図
応募済みの作品の再投稿について

締め切りの延長に伴い、ご応募が完了している作品の再投稿を以下の通り受け付けます。

●郵送の場合/持ち込みの場合
郵送用封筒、もしくは原稿に付記されている住所に再投稿用の規定をまとめた書面をお送りいたします。書面の案内に従って再投稿申請をいただいた方に原稿の返却を行いますので、加筆・修正後、締め切りまでに再投稿をお願いいたします。

●WEB投稿の場合
修正した同作品の再アップロードをお願いいたします。同じ作品がアップされている場合、締め切り時点での最新の画稿にて審査いたします。

●あしたのヤングジャンプ投稿の場合
ご自身のダッシュボードの投稿作品一覧より随時差し替え、加筆を行うことが可能です。締め切り時点の画稿にて審査いたします。

応募資格・規約

■応募はプロ・アマ問いません。
■特別な規程のある賞を除きページ数は50ページ以内
■商業媒体未発表(投稿サイトやSNSなどを除く)のオリジナル作に限ります。同じ作品を同時期に他の新人賞(web媒体含む)へ応募するのはご遠慮ください。
■一作品につき一つの賞に応募可能です。
■受賞作品の出版権、上映・上演権、映像化権などの諸権利は集英社に帰属します。
■アナログ原稿は返却いたします。(返却先不明の場合は処分させていただく場合があります)

※応募された個人情報は厳重に管理し、本企画遂行以外の目的に使用することはありません。本企画遂行後、速やかに破棄致します。

審査員
ヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ編集部&各賞審査員

締切
2020年7月31日(金)
※郵送の場合当日消印有効。

発表
本サイト・となりのヤングジャンプ ・ヤンジャン!アプリを予定。さらに優秀作品に関してはヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ誌面に掲載される場合があります。

賞金
本サイト内の各賞詳細ページを参照してください。

TOP | 各漫画賞