インタビュー アイコン TENGA漫画賞審査員『デトロイト・メタル・シティ』『みんな! エスパーだよ!』若杉公徳

若杉公徳先生写真

――こういった漫画賞で審査員を務めるのは稀だと聞いております。最初に本企画をお聞きになった時のご感想を教えてください。

若:ヤングジャンプ編集部の方からメールがあり、漫画賞の審査員の依頼を受けました。以前にも賞の審査をした経験はありましたが、もう二度とやらないと心に決めていたので、詳細を見るまではお断りしようと思っていました。

――固い決心を覆してまで、審査員を引き受けようと思われた理由はなんですか?

若:お願いされた部門がTENGA部門だったからです。漫画にTENGA部門が存在したという事実と驚きで持っていたTENGAを落としてしまいましたが、この部門の審査をやるなら僕しかいないと奮起し、落としたTENGAを拾い、あるべき場所に装着しました。

――漫画家を志したきっかけをお聞かせください。また、新人時代はどのような生活をされていたのでしょうか。

若:子供の頃からずっと漫画家になりたいと思っていたのですが、特に何もせず、大学4年の頃に漫画賞に出した作品が佳作を取り、それがそのまま雑誌に掲載されました。
これはすぐに連載を取って漫画家だなと意気込んだのですが、読み切りがいくつか掲載されるようになって2年。さらには上京してアシスタントをしてからも、たまに読み切りが掲載されるけど連載には至らないという状況が5年続いたので、たくさんいる新人漫画家の中から頭ひとつ飛び出すのには苦労しました。

――「頭ひとつ抜け出す」ためには、何が必要なのでしょうか?

若:自分の色というか、武器を見つけることでしょうか。当時の僕はコメディ要素のあるストーリー漫画を読み切りで多く描いていましたが、あまりパッとしませんでした。担当さんにコメディ部分が面白いと言われたのをきっかけに、笑いの要素を強め、ギャグ漫画を描いてみたところ、今までにない反応をもらって連載に辿りついています。

――漫画家として、大成するために必要な要素をなんだとお考えですか? また新人時代にしておいたほうが良いことなどありますか。

若:まず描き続けることは必要だと思います。色々と考えて悩んでいるよりも、今出来ることでとりあえず描きあげて気づいたことを次に生かせば良いと思います。きっとTENGAだって、そうやって開発され出来あがっていることでしょう。

――ご自身の創作活動で、刺激を得るために日頃ご覧になっているものなどはありますでしょうか。

若:そういった意味では、TENGAには足を向けて寝られないほど、日頃から刺激を受けています。それ以外ですと映画や海外ドラマをよく観ています。

――かなり特殊なジャンルの部門を審査されますが、対象の作品を創り出す上で、入れ込んだほうが良い要素などはありますか? また、ご自身が意識して入れ込んでいるものがあればお聞かせください。

若:TENGA部門の漫画を描く以上、入れ込んだほうが良い要素となれば、やはりTENGAでしょうか。作中にTENGAを出すのももちろん良いですが、TENGAを出さずして読者にTENGAを感じさせられたら凄いと思いますし、僕もそれが出来ればと常に意識しています。

――正直、TENGA部門にどのような作品が応募されるのか、想像できないのですが、審査する上でどのような作品との出会いを期待していますか?

若:TENGAのブランドコンセプトは「一般性の獲得」と「機能とデザインが融合」と聞いています。なので、そのような意思を持った漫画を読んでみたいです。

――最後に、40もある漫画賞の中から、この題材を選ぼうとしている愛すべきチャレンジャーたちにエールをお願いします。

若:漫画賞にTENGA部門なんてあったのかと驚き、持っていたTENGAを落としてしまった皆さんのご応募お待ちしております!

賞金総額

応募資格:プロ・アマ問わず/ページ数:50ページ以内/一作品につき一つの賞に応募可能です。

受賞作はとなりのヤングジャンプ ・ヤンジャン!アプリに掲載予定です。さらに優秀作品に関してはヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ誌面に掲載される場合があります。また、大賞・準大賞・審査員特別賞の受賞者は2021年1月開催予定の授賞式にもご招待いたします。(※交通費の支給は大賞受賞者ご本人様のみとなります)

最終候補作投稿者にはヤングジャンプ定期購読デジタルが1年間無料となる特典もございます。


※各漫画賞ごとに審査のうえ、受賞作を決定します。
※受賞本数内訳は各審査結果により異なり、各漫画賞の賞金250万円の内訳は各漫画賞で異なります。
※全40漫画賞の賞金総額が最大で1億円となります。
※賞によっては条件の異なるものもございます。詳細は賞ごとの概要をご確認ください。
※商業媒体未発表(投稿サイトやSNSなどを除く)のオリジナル作に限ります。同じ作品を同時期に他の新人賞(web媒体含む)へ応募するのはご遠慮ください。
※受賞作品の出版権、上映・上演権、映像化権などの諸権利は集英社に帰属します。
※応募された個人情報は厳重に管理し、本企画遂行以外の目的に使用することはありません。本企画遂行後、速やかに破棄致します。

郵送の場合

宛先
〒101-8052
神田郵便局 郵便私書箱 第66号
「1億円40漫画賞」係
※返却原稿用封筒を同封してください。切手不要です。

<郵送用書式をダウンロードする>

記入事項
原稿の最終ページ裏に下記を記入してください。
■郵便番号
■住所
■氏名(本名とペンネーム)・年齢
■職業
■電話番号(都合の良い時間帯も)
■今までの投稿・掲載歴
■志望雑誌(ヤングジャンプ・となりのヤングジャンプ&ヤンジャン!アプリ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ)※複数回答可
■作品を投稿する賞名 ※一作品につき一つの賞に応募可能です

※手書きの場合はB4判の紙に黒インクか墨汁で描き、セリフは鉛筆で濃く書いてください。絵柄にかかる場合はトレーシングペーパーの上に。版面は270×180ミリ(右図参照)。

原稿サイズ
WEBの場合

応募フォームより必要事項を入力の上、原稿データをアップロードしてください。

原稿作成時のデータは指定なく自由に作成可能ですが、提出にはweb掲載用としてjpegもしくはpngファイルにてアップロードしてください。
原稿は原則として、アナログ原稿の版面に準じます。
B4サイズでプリントアウトされるように設定し、その際、上下左右20mm以上の余白が出来るように作成してください。
各ページに必ずノンブル(ページ番号)を記載してください。
ファイルサイズの上限は100MBです。
そのサイズを超える作品は、CD-Rなどに書き込み、プリントアウトを別途添えて郵送にてご応募ください。

アップロードするファイルは圧縮し、ファイル名は「(作品名の半角英数小文字).zip」でお願いします。
例)shinman.zip

各頁jpeg/pngファイルのファイル名は半角アルファベットのタイトル名+ページ数3桁でお願いします。
例)
shinman001.jpg
shinman002.jpg
応募作品はサイズを軽くしたデータでも可ですが、最終候補作に選出された場合、オリジナルデータを別途お送りいただく場合があります。

受賞作品はすべて「となりのヤングジャンプ」「ヤンジャン!」アプリに掲載いたします。
さらに優秀作品に関してはヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ誌面に掲載される場合があります。

WEBで投稿する
あしたのヤングジャンプ投稿の場合

各漫画賞のリンクより、アカウントをお持ちの方は投稿フォームから「あしたのヤングジャンプ」規約に従って投稿してください。
投稿作品は通常投稿と異なり、賞の決定まで非公開となります。
ただし、すでに「あしたのヤングジャンプ」内で公開済みの作品の投稿や同一作品を別途投稿することは可能です。
最終候補に残った作者様には編集部からご連絡して、年齢・性別・住所・電話番号・志望雑誌をお聞きいたします。
またその際にオリジナルデータを別途お送りいただきますので保存しておくようお願いいたします。なお、選考結果発表日時は目安です。選考状況によって前後する場合があります。

あしたのヤングジャンプで投稿する
持ち込みの場合

持ち込みご希望の場合は、平日の13時~ヤングジャンプ編集部までご連絡ください。
YJ編集部TELL

東京都千代田区神田神保町3-13
集英社 週刊ヤングジャンプ編集部
地下鉄『神保町』駅(東京メトロ半蔵門線・都営新宿線・都営三田線)下車(A1出口より)徒歩2分。

地図
応募資格・規約

■応募はプロ・アマ問いません。
■特別な規程のある賞を除きページ数は50ページ以内
■商業媒体未発表(投稿サイトやSNSなどを除く)のオリジナル作に限ります。同じ作品を同時期に他の新人賞(web媒体含む)へ応募するのはご遠慮ください。
■一作品につき一つの賞に応募可能です。
■受賞作品の出版権、上映・上演権、映像化権などの諸権利は集英社に帰属します。
■アナログ原稿は返却いたします。(返却先不明の場合は処分させていただく場合があります)

※応募された個人情報は厳重に管理し、本企画遂行以外の目的に使用することはありません。本企画遂行後、速やかに破棄致します。

審査員
ヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ編集部&各賞審査員

締切
2020年5月31日(日)
※郵送の場合当日消印有効。

発表
本サイト・となりのヤングジャンプ ・ヤンジャン!アプリを予定。さらに優秀作品に関してはヤングジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプ誌面に掲載される場合があります。

賞金
本サイト内の各賞詳細ページを参照してください。

TOP | 各漫画賞 | 応募資格・利用規約